投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

WONDER GIRL, 君は僕の自由だvol.3@モーションブルー横浜

イメージ
昨夜のモーションブルー、たくさんのご来場、ありがとうございました!

ファンのみなさん、多忙な中、集まってくれた素晴らしい大好きなメンバーと、支えてくれるスタッフ・仲間達と、モーションブルーという特別な空間でとても幸せな夜でした。

2017年9月8日(金)大和田 慧
"WONDER GIRL, 君は僕の自由だ Vol.3"@モーションブルー横浜
宮川 純(key) 、つのだりゅうた[ものんくる](b)、吉田サトシ(g)、TOMO KANNO(ds)


こういうベタなことやりたい私に付き合ってもらっています。

このメンバーで演奏したい曲がありすぎて困る… 今回は、今年引退してしまうのでアメリカまで行って観てきた大好きなソウルシンガーAretha Franklinの「Natural Woman」をカバー。この曲は折に触れていろんな場面でずっと歌っていますが、だからこそ、このメンバーのgrooveの素晴らしさを実感。
そして宮川純くんがアレンジ協力してくれた初披露の新曲「Seasons」。Bitterでメロウな、秋色なソウルになりました。 全体のなかの、新曲の割合も増えてきました。レコーディングしたいな。

シアトルで買ってきた黒いギターも連れてきました。かわいいやつです。
新曲たちも、メンバーと演奏して曲に命が宿って、ステージで歌うことで育っていくような感覚が、その場にいるみんなでアートをしてる感じがします。
種をたくさんもらって、水をもらって、私も誰かにそうしてあげられるようになりたい。
もしも暗闇に消え入りそうな気持ちの夜があるなら、心をなかったことにしてしまう前に、ほのかに照らしたい。
最後、前回初めてやった新曲「バタフライ・エフェクト」みんなが歌ってくれて、すごくつながっている感じがした。地平線のイメージが浮かんだ。
「Wonder Girl, 君は僕の自由だ」のタイトルを掲げて3回目、私がどんどん自由になっている気がする。体験してくれたみんなも、そんな気持ちになってくれていたらいいな。
All Photo by Mika Suzuki  いつも私を支えて素敵な写真を撮ってくれます。

LA滞在中、相部屋のホステルに泊まっていた時。同室のちょっと不思議な女の子がチェックアウトして数日後、ふいにベッドに重ねて貼っておいたレシートをどけたら、こんなメッ…

竹善さんより応援メッセージいただきました

なんとSing Like Talkingの佐藤竹善さんが、9/8公演に向けて温かい激励メッセージをくださいました!!
竹善さんと一緒に歌わせていただいたときのあの感覚も、私のなかに溶け込ませて、最高のライブをお届けします!


NYで撮影した私のメッセージ、そしてバンドメンバー(イケメン揃い)からのコメント入りのスペシャルビデオも公開中! >>Check it !! https://youtu.be/i5LHmaxs684
Facebookなどでリハーサルの模様なども公開中。 あとは明後日、楽しむだけ! モーションブルー横浜でお会いしましょう。 ご予約まだ間に合います。
2017年9月8日(金)大和田 慧
"WONDER GIRL, 君は僕の自由だ Vol.3"@モーションブルー横浜

open_6:30pm / showtime_8:00pm
※ステージの長さは約90分を予定しております。
MEMBER
大和田 慧(vo,g)
吉田サトシ(g)、宮川 純(key)
つのだりゅうた[ものんくる](b)、TOMO KANNO(ds) ご予約はこちらから http://www.motionblue.co.jp/artists/owada_kei/index.html

FUJI ROCK FESTIVAL '17 ライヴレポート

イメージ
MONDO GROSSO、FUJI ROCK FESTIVAL '17 ライヴレポートが写真入りであがっていました。よい夏の思い出になりました。
http://avex-management.jp/media/detail/170808_4570/
(写真は記事より転載)


US Tour 2017 NY編 1

イメージ
翌日、Forte Wayne空港(ちいさい)からシカゴを経由し、NYへ!!
とても久しぶりのNY。じわじわじわ。。。

着いてすぐ、串かつパーティにお邪魔。


初めましてのみなさんが、どんな音楽か聞きたいと言ってくれたので、ギターも買ったし、じゃあパーティに混ぜてもらった御礼にうたいますよ〜、と歌っていたら…
なんとなんとなんと…
こんな素敵なお財布をいただいてしまいました。
NYでハンドクラフトのレザーグッズを作っている TE DE NU さん。
とてもやわらかくて心地いいのです。
ずっと、お気に入りのお財布を持ちたい、そして小さくしたいと思っていたところの出逢いでした。大切に、愛用させていただいてます。どんどん味がでてきてます。
ほかのグッズも本当に素敵なので是非Instagramみてください。

着いた初日から楽しく過ごし、次の日は朝10時からリハ!!
Chez、Alex、Kenjiとの再会!わ〜😭

リハーサルを生配信しました。 やっぱり楽しい。

US Tour 2017 フォートウェインでアレサ・フランクリン編

イメージ
中学生の頃、ゴスペルを聴くようになった初期に買ったオムニバスアルバムに「I say a little prayer」が入っていて、何度も何度も聴いて、アレサのアルバムを買い、ソウルミュージックが大好きになった。
アレサがほんとにここに来るとは思えないようなゆる〜〜い空気のなか(町内会みたいな前説があったり)、大所帯でややゴチャっとしてるバンドがアレサの名曲メドレーを演奏し始めて、ついにアレサ登場!
ミトンくんが素晴らしい写真を撮っていたので転載・・・(photo by臼井ミトン)
本物・・・会場のゆるさから、姿をみてもすぐに実感がわかない。。 高齢、しかもガン闘病中と発表されて、痩せて心配だったけど、歌声は健在!!
歌い出しは「Sparkle」そして「Until you come back to me」「Don't play that song」そしてこの段階でもう「Natural Woman」と、いきなり大好きな4曲連発。正直いって音響はイマイチだったし、集まっている人達の空気も、もちろん盛り上がってはいるけど、女王が歌うにはもったいないなというか、私はもっともっと敬意を表したいという気持ちになったけど、それでもここまで歌いにきてくれたアレサ、本物に会うことができて幸せ。ピアノの弾き語りでゴスペルもやってくれた。私の目の前にいた車いすの黒人のおばあちゃんは、泣いていたし、最後には立ち上がっていた。
30メートルくらい先にアレサがいて、アンコールで何度も出てきてくれて、目の前を歩いてステージを去っていくときには、もう会えないんだと思って涙がでた。
ここまできてよかった。アレサありがとう。元気で長生きしてね。

US Tour 2017 インディアナポリス空港からフォート・ウェインへ

イメージ
LAXから夜のフライトで5時間、でも時差が+3時間あるので、朝の5時にインディアナポリス空港へ到着。そこから車で2時間半ほどかけて、フォートウェインという街へ向かいます。
目的は、今年引退を発表したアレサ・フランクリンを観ること!
それが今回の旅のメインイベントのひとつでもあります。



だんだん明るくなっていく。美しい!

フォートウェイン、とても田舎町。
ホテルに着いたけどまだチェックインできなくて散歩。
CDやさんに入ってみたら、アレサのライブのポスターが…高まる。。!

少し休んで日本食レストランでランチ。

いざ会場へ!もう6時なのに眩しい。

わくわくな様子を生中継していました。


そしてここでなんと・・・

大好きなシンガーソングライターズと現地集合!!
高宮マキさん、臼井ミトンくん!


こんな間近で・・・もうすぐアレサが・・・

つづく

US Tour 2017 LA編1

イメージ
シアトル→ポートランド→そして飛行機にのって、一旦LAにやってまいりました。 LAは約10年前に旅行できて以来。20歳のバースデーはLAで迎えたのでした。
とにかく空気が最高に気持ちいい。気候のよさは間違いなく心身に影響しそう。 日本での縁のおかげで、着いてすぐ、LAの旬なミュージシャンが集うBarへ案内してもらえて、バキバキなプレイと良いVibesを浴びました。LA、盛り上がっている空気。

おそらくLA LA LANDのシーンでみたような高級住宅街の山からの夜景を眺め、"Mulholland dr"と書かれた標識に、ここが「マルホランドドライブ(映画)か!!」と興奮。
ハリウッドのど真ん中に宿泊。ARETHAのスター発見!もうすぐ会える…!
ちょうどLAに仕事で来ている知人の方々と合流。旅の縁は特別。
予約がとれない大変Hipなイタリアンレストランへ連れてっていただきました。
どれもかなり美味しかった!! ずっと一人旅だったので、ディナー嬉しいね。

そもそも帰国前にLAに寄る予定で、このLA滞在はインディアナポリスに行く前のショートステイだったのですが、このタイミングで一旦来てみたことが、結果的にとてもよかった。 空港に行く前にビーチ散歩。 アメリカにいるとどんどん服がラフになっていく。
夜のフライトでインディアナポリスに向かいます!

US Tour 2017 ポートランド編

イメージ
バスより電車派なので、シアトルから初めてAmtrakでポートランドへ移動! 約3時間の列車の旅、32ドルくらい(早く買うほど安い)
ポートランドも快晴!日差しが強くて暑いけど、東京よりは遥かに快適。。 ポートランドといえばサードウェーブ系コーヒー。 こちらはふらっと入ってみたCoava Coffee。
そしてZINE専門店。 
人気のVoodoo Donuts。友人ギタリストShoheiが入れ違いでポートランドでライブをしていて、彼もおすすめの、このピンクのやつはホーマー、The Simpsonsのホーマーが由来だそうです。意外と並ばなかったので食べてみたけど、見た目よりも食べやすい!笑
👇このVOODOO DOLLも買いたかったけどひとりではとても食べきれない・・・ こじんまりとしてて、おしゃれなカフェ、お店がたくさんあって日本の女の子も好きそうなポートランドだけど、Voodoo Donutsや、ZINEのお店に行ったときも、なんとなく根底にこういう精神を感じた。👇
CD屋さん。
コーヒ屋さん Stumptown Coffee Roasters。

泊まったホテル可愛かった。でも全体的に宿が高い〜!
知らなかったけど、ポートランドは「世界のBESTビール都市」第一位だそうで、クラフトビールのブルワリーがたくさん。ビール好きなので
Deschutes Brewery Portland Public House にふらりと入りカウンター席で、同じく一人旅のブラジル人の子といろんな話をして過ごしました。

そしてオレゴン州は消費税がない!ということでここで買い物を。戦利品たち。

電車のなかに自転車が吊るせるのいいね。
ポートランド空港へ向います!

US Tour 2017 シアトル編 2

イメージ
札幌で知り合ったシアトル出身の友人とウェストシアトルへ。
夜の8時過ぎなのにこの明るさ!赤い太陽。 カナダで山火事があったせいで、もやがかかって今年の夏は蒸しているらしい。
ちょうどシアトルの夏のおまつり”Sea Fair”の時期で、パレードや飛行機のショーが行われていて、演奏していたり、水平姿で夜も出歩いてる姿など、ちょっと昔の映画みたいでした。 人気クラムチャウダー店はものすごい行列なので。。。
山のほうへ連れて行ってもらう予定が急遽なくなり、シアトル散歩最終日。 Google Mapを活用してバスに乗ってみるのが好きです。
しかしバスは小銭しか受け付けてもらえないことを忘れ、(両替もできないしおつりもない)想定外にバスおろされた場所が、ギターセンター(楽器屋)の目の前。 今回ギターは、フライトで破損が怖いからNYで借りるつもりだったけど、一人旅が寂しくて、安価なちいさいギター弾いてみたら、意外といける…
ということで買ってしまった!
結局トラベルバッグの絵の通りになりました。

ギターを入手したら、話しかけられ率が格段にアップ。どこで演奏するの?と聞いてくる。みんな誰かと話したいからギターがあるとそのきっかけになる様子。とくにおじいちゃん。また話しかけられバス乗り過ごす…
シアトルは、のどかな街。観光地。

コーヒー屋さんで男女デュオのライブを観る。
最終日なのに宿が満員で連泊できず、郊外のモーテルへ移動。 ここでもギターによって「君はミュージシャンだからスペシャル(通称カート・コバーンルームらしい)にアップグレードするよ」と言われる。
カート・コバーン・ルームなかなかよかった。新入りくんをつま弾きながら最終日の夜はゆっくり過ごしました。
ポートランドへ移動します。