2017年6月24日土曜日

Wonder Girl, 君は僕の自由だvol.2 の景色

昨夜は「Wonder Girl, 君は僕の自由だvol.2」@六本木VARIT
たくさんのご来場ありがとうございました!!
客席からのエネルギーと、本当にナイスガイなバンドの支えで幸せな夜でした。
新曲たちの反響大きくて嬉しい! そしてバンドにはほんとに絶賛の声!
関東だけじゃなくて回れるようになりたいな
ライブの景色をおすそわけ。PHOTO BY MIKA SUZUKI



 



このメンバーで、次回!
 << 2017年 9 月 8 日(金)
 モ ー シ ョ ン ブ ル ー 横 浜 に て  V o l . 3 の 開 催 が 決定!!!>> 
詳細こちら http://www.motionblue.co.jp/artists/owada_kei/index.html


左から、吉田サトシ(Gt)、TOMO KANNO(Dr)、角田隆太(Ba)[from ものんくる]、宮川純(Keys)、、

楽しみにしててください!また曲書いて&育てていきます。 歌ももっと修行します。
感想、アンケートメールも引き続きお待ちしています。
御礼にセットリストをお届けしますよ!
👇メールフォーム http://keiowada.com/#top-contact

2017年6月10日土曜日

2017/6/23(金) "WONDER GIRL, 君は僕の自由だ Vol.2"

2017/6/23(金) 大和田慧ワンマンライブ "WONDER GIRL, 君は僕の自由だ Vol.2" 
at 東京・六本木VARIT
19:00 open /19:30 start
出演: 大和田慧(Vo, Ag)
with Special Band: 吉田サトシ(Gt)、宮川純(Keys)、TOMO KANNO(Dr)、
つのだりゅうた(Ba)[from ものんくる]
前売券:¥3,500 + 1 drink order 学割: 大学生以下 ¥2,500
当日券:¥4,000 +1drink order 学割: 大学生以下 ¥3,000
※学生=小学生〜大学生・専門学校他、各種学生
※学生券をお求めの方は当日学生証をお持ちください

チケット購入:e+
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002221783P0050001P006001P0030001

明日は初の福岡ライブ ”STEREO ALIVE”

明日は初めての福岡ライブです。
福岡の音楽シーンの発信地のような場所、STEREOの渡辺さんが
「A Part Of Me」をみつけてくれたところからご縁が始まりました。
2014年にセルフプロデュースで、無我夢中でNYで録ってきた作品です。
(本当に必死だったな〜〜)


仲間たち。8月は渡米予定なので、久々に会えるのが楽しみ。


その「A Part Of Me EP」は現在、完売して配信のみ。
しかしこの曲の盤をもたずに福岡にいくのは寂しい…ということで会場限定CD-R、
そのボーナストラック用にアコギ弾き語りver.録っていました。

そんな私のつぶやきをみたピアニスト松本圭司さんが、聴きたいとおっしゃるので
送ったところ、エレピを入れてしかもミックスまでしてくれました!豪華!笑

こんな展開になると思わずかなりフランクに歌って、クリック(メトロノーム)を使わず録ってたのに重ねてもらったら、デュオでライブレコーディングしたみたいになりました。会話してる。


2014年に録音したEP収録のNY録音2曲
1. A Part Of Me
2. やさしいキス
3. 新ボーナストラック
の3曲入り、明日会場で販売します。 限定50枚。

「福岡だけなの??」というお声がすでにあるので、もちろん考えますが、
まずは明日、福岡のみなさん楽しみにしていてください!!!

STEREO ALIVE vol.1 feat.Kei Owada 
・2017.06.11(Sun) at STEREO SIDE B
1st 17:00(お席余裕あり)-/2nd 19:00- 共にチケット予約受付中👇 https://tiget.net/events/11359

圭司さんとは7月2日(日)東京・下北沢でライブします!

「何度でも新しく生まれる」

MONDO GROSSO「何度でも新しく生まれる」が発売、話題となっていて
参加を喜んでくれる声をたくさんもらい嬉しい今日この頃です。
強い存在感のシンガーが集結したアルバムで自分の歌や音楽についてもまた
考えるところが多々ありました。
M6「SOLITARY」の作詞、共作曲、そしてUAさんの歌う
「春はトワに目覚める」の作曲にも名前入れていただいてます。


試聴しているひとをついガン見してしまいましたw