2011年10月29日土曜日

初ギグ@ブルックリン

けいです!

金曜日夜はこちらにきて初めてのライブ!
前述の友人ベーシスト徳永氏とピアノ弾き語りでデュオ。

まずは夕方にタイムズスクエアらへんにあるリハーサルスタジオへ。

今回の旅ではタイムズスクエアにきたのこの日が初めて。前回きたのは6年前でした。
ニューヨーク!!!ってかんじ。

おしゃれでキレイなリハスタ。
値段は日本と同じくらい。
機材は、マイクとベースを同時に使うと音がでたりでなかったり。
日本に比べるとあらゆることがアバウト(笑)
でも笑えるかんじ。




そして本番。
ブルックリンの、やや寂れた?とこにあるライブバー。

毎月やってるポエトリーリーディングのイベントの日らしくてめちゃくちゃ賑わってた!


サウンドチェックもなし、
なんか時間もどんどんずれてるし、うちらのあとにロックなバンドがでるぽかったけど結局でないし(笑)

うちらの出番になってもワイワイしてる状態。想定してたので、かえって気楽にライブスタート。

オリジナル3曲と英語のカバーとで合計9曲。

4曲目にアシタノメロディをやったあたりで静かになって拍手や歓声が起こりはじめた!

それ以降は曲終わると毎回反応してくれてMCも聴いてくれて、無事に最後まで歌いきった。とてもあたたかく拍手や歓声をあげてくれました。

チップのかごをもって回ると、みんなよかったよーとか声かけてくれて。
CDはないの?と聴いてくれた女の子たちも!!

どアウェイだと思ってたから準備してなかった~!!
次回はしっかり準備します!

そんなわけで初回ライブ成功でした☆

次回はマンハッタン、ピアノがないのでギターでライブ。

その前にオハイオライブだー!

2011年10月28日金曜日

やっぱり真夜中

慧です。

ニューヨークの地下鉄は、とくに深夜長いこと待つので、
この時間にブログを書けるので意外にも旅行記が続いてます。笑

さすがについて二日目とも深夜イベントにいったのでクタクタになり、
三日目の今日は昼まで寝てしまった。

そのままダラダラと冷たい雨が降ってるのでなんとなく出かけそびれ、ようやく散歩にでもいこうと思ったらゲストハウスのリトルモンスター(オーナーの愛娘4歳)に捕まる。めちゃくちゃかわいいけど一緒に遊ぶとぐったり疲れる。

すっかり夜になってから、今日Amel Larrieuxのライブがあると聞いて、
急いでひとりマンハッタンへ。

激寒!!!!

雨が降ったからとはいえまだ10月なのにこの寒さは、冬はほんと寒いんだろうなぁ…
旅行中、革ジャケットで乗り切れるかしら…

それはともかく
Amel Larrieuxはとてもよかった!


独特のサウンドやグルーヴをちゃんとライブでも見せてくれたし、
甘いだけじゃなく骨太なところや、人懐こいMCも魅力的。
CITY WINERYというレストランみたいな店で、サイズはビルボード一階分より狭いくらい。かなり近い。
生ピアノに、セッションでみたようなゴリゴリのグルーヴ系ではなく、音量控えめで要点だけはっきり突く感じの白人ドラマーさんで、コーラスがっつり2人、ひとりはエレピやいろんな楽器も兼用。このへんの遊び心あるかんじが楽しいしセンスを感じる。

この規模だととても聴きやすいよい編成だなぁと思った。
ジョニのカバーやったり、曲によって編成を変えたり工夫があってとても勉強になった。
声のよさがしっかり味わえる。

滞在中にできるだけたくさん観てこようと思います。


それにしても、
メトロで行きと違うラインを使ってみたら、運行変更みたいなのがあって、MAPをみるとくるはずの電車が待てど暮らせど来ず、ウロウロウロウロ、時刻表もないし、そうこうしてるうちに本数は減るし、

40分で帰れるところを3時間くらいかかった………orz

メトロを待ちながらブログ二本書いたわ。

今日こそは早く帰るつもりだったのに結局3時の帰宅。涙


明日は初のライブです。

前述のベーシスト徳永賢二とデュオで、
私もピアノを弾きながら歌います。

ゲストハウスのみんなも観にきてくれるって。緊張!
MCは最小限でいこうと思います。笑

楽しみ!

セッション初潜入

慧です。

NY2日目、散策のあと深夜に
音楽留学して渡米2年めになる友達に知る人ぞ知るセッションへ連れてってもらいました。

現地のミュージシャンばっかり集まってて、かなりレベル高く、いつも日本人は彼しかいないそうな。

行ってみるほんとその通りで、
とくにリズム隊はハンパない!!!
グルーヴの強さ、ポケットの深さ、俊敏さ、すべて違っている。

わたしもここで歌うの…?((((;゚Д゚)))))))って緊張してガクガク震えてたけど、
なんとかセッション参加してNatural Woman歌わせてもらいました。思ったよりずっと温かく迎えてくれて。
ど緊張したけど、ずっとグルーヴに触れてて影響されたのか心なしかいつもより良いフィーリングで歌えたような?
黒人のかわいい女の子たちが、よかったよ!と声もかけてくれました。
みんなかわいくてやさしい。

余談だけど
この日の昼間に買い物してきたニットを着ていったら、通りがかりにそれかわいいわね!と声もかけてくれたり。
反応をきちんと、気楽に自然にしてくれるんだなぁって思います。


ベーシストの友人は見事に溶け込んですごいミュージックに負けずに張り合えていて、尊敬。
みんなこっちの音楽に憧れてこの国にくるけど、
日本で活躍してるグルーヴ系のミュージシャンの人達でさえも、
どこかで 「でも日本人なのだからまるきり向こうのひとのようにはなれない、こっちのグルーヴを吸収した日本人になればいいんだ」
と思った瞬間を経たのではないか、とよく思う。

それは悪いことではないし、
自分も言ってしまえばそういう節があるのだけど、彼は本気で向こうのグルーヴを体得しようとしてる。

すごいミュージシャンって、ものすごいレベルのものをみたときも、
「これにはなれないな」
って思うんじゃなくて、今は遠くても同じラインにいるんだと思えるひとではないかと思う。
鳥のようになることと、鳥になることは違うじゃない?
後者は茨の道だと思うけど頑張ってほしい!
あたしも頑張ります!
この調子で度胸つけていこー。

あと、見ていて思ったのが
楽器にはものすごいプレイヤーがセッションにも現れるけど、
シンガーは、みんなかっこいいしうまいけど、ずば抜けてる!ってひとはいなかった。

逆に言えば、

いままで来日公演とかでみたエリカ・バドゥみたいなシンガーは、やっぱりこっちでも才能がずば抜けててとのすごいんだなー
と実感したのでした。

2日目の夜も朝3時まで続きフラフラ。

こんな真夜中でも地下鉄があるから帰れるし、
比較的治安も良い場所にあるゲストハウスでよかった。 

2011年10月27日木曜日

NY散策

慧です。
NY2日目!
初日から深夜にビレッジアンダーグラウンドに行ったりしたので、今朝はゆったりと。
といってもゲストハウスだから、周りが起きてるのでずっとは寝てられないのだけどね。それもまたよし。
ブルックリンのCortelyouという駅にあるこちらのゲストハウスは、実はお馴染みイラストレーターのtommmmyさんからご紹介いただきました。
ブルックリンだけど閑静な住宅街でとても良いかんじ。深夜にメトロでひとりで帰ってきても大丈夫だった!
マンハッタンからブルックリンに向かうメトロから見える夜景が、これまたすごく良いのです。



ゲストハウスのオーナーさんと優雅な朝食をとっていろんな話をしたりしたあとは、メトロにのってマンハッタンへ。
今日はCanal stに降りてSOHOへ歩いてみた。
かなり安い服屋がたくさん<emoji:b_heart>
質はまあ値段相応だけど、デザインがかわいい、というか私好みなものが多くて。
日本の服ってフワフワしたものが多くて、身体のラインに沿わずにかえって太ってみえたりするなぁと常々思っていて、
こっちの服はラインがきれいだったりちょっと刺激?のある形が多くて、欲しいものがたくさん!
しかも安い…あんまり喜んでちゃいけないけど、円高すごい\(//∇//)\
SOHOに近づくにつれて質があがっていくかんじ?
ひとりでずっとあるいてても飽きない~



もう少しでハロウィン!ってことで
オーナーさんが仮装選びに誘ってくれたのにちょっととらぶってタイミング悪くていきそびれた(>_<)
やはりこっちのハロウィンはものすごいらしいです。
楽しみ!
早くも物欲がやばい(´Д` )
と、ついつい遊んでますが
これから友達がブルックリンで
ほぼ黒人しかいないディープなセッションに連れてってくれるそうなので
相当レベル高いらしく
確実にボロボロになると思うけど
飛び込んでこよーと思います!!
あー 怖いっ!!((((;゚Д゚)))))))

がんばりまーす

2011年10月26日水曜日

NYにきました

2011-10-26 22:54:04

おはよー慧です。
3週間ちょいのNYひとり旅がスタートしました。
ただいまブルックリンの朝です。
昼間は過ごしやすいけど夜は冷え込みむ!
昨日は早速 Village Undergroundへいったよ。
終電がないって素晴らしい!

今日もメトロに乗ってあちこち散策してきまーす。